ヤマト運輸B2クラウド Windows10で使えるブラウザはIE11だけ!

スポンサーリンク

ヤマト運輸B2 Windows10では色々と面倒なことが

ヤマト運輸の伝票作成サービスの「B2クラウド」を利用していますが、パソコンをWindows10に更新した場合に発生する障害についてまとめてみました。

ヤマト運輸B2クラウド カラーレーザーで印刷する場合
ヤマト運輸のB2クラウドで伝票を印刷する場合 ヤマト運輸の伝票印刷システムのB2クラウドで、うまく印刷出来ない方が全国で大量発生しているようです。 条件はそれぞれ異なりますが、NECのカラーレーザープリンターで気がついたこと...

ヤマト運輸のHPではWindows 7,8.1,10 / IE11,Firefox,Chromeで使えると記載されていますが、実際は違います。

これから改善されるかもしれませんが2018年12月末頃は下記の状態です。

FirefoxでB2クラウド

Windows 7/Firefoxは注意すれば使えましたが、ログインする際にこんな状態となります。

.NET Framework4が必要と警告が表示されますが、すでにインストールされていますと表示されます。 

はい。

よくわかりません。そのままでは使えない事だけは判りました。

 

ChromeでB2クラウド

Windows 7 / Chrome環境でもこれまでは使えましたが、Windows 10 / Chromeでカラーレーザープリンターを使用して印刷する場合に、印刷ダイアログが表示されないので、用紙の細かい設定”厚紙、白黒等”を選択することが出来ません。よってこちらカラーレーザープリンターでは使うことが困難です。

【印刷ダイアログ】↓

インクジェットプリンターやヤマト運輸の用紙に対応するモノクロレーザープリンターなどでは印刷できると思いますが、当方には環境がないので試せません。

カラーレーザーを接続した場合のChromeでは結局印刷しても、トナーが定着せずに使えません。

 

Internet ExplorerでB2クラウド

Windows 10 / IE11ですが、Windows 10標準のブラウザはEvaeye_Edgeです。

上記のアイコンがこの位置にあるのが標準の状態です。

ヤマト運輸B2クラウドではEvaeye_Edgeは使えません。

そのためにInternet Explorer 11を簡単に使えるようにする必要があります。

1 最初に「ここに入力して検索」へ「ie」と入力!

2 このような状態で「Internet Explorer」のアイコンのところで、右クリック

3 「タスクバーにピン留めする」を選択します。

4 これでタスクバーからクリック一つで「Internet Explorer 11」が立ち上がります。

 

5 「ヤマト運輸ビジネスメンバーズ」を検索してログインするだけ。

 

最後に

大変便利なシステムですが、Windows 10環境でヤマト運輸B2クラウドを使うのは結構大変です。

ヤマト運輸B2クラウドで伝票を印刷出来ない場合の対処方法
ヤマト運輸のB2クラウドに強制移行 宅配便のラベルを印刷するためにヤマト運輸のB2ver7を使用していましたが、平成30年10月31日で終了予定のようです。 B2ver6,B2ver7共に終了し「送り状発行システムB2クラウ...

当方でも色々設定を変えたり、Chromeでダイアログが表示されるよう、グーグルで検索しましたが、カラーレーザープリンターで印刷する場合は結局「Internet Explorer」しか使えませんでした。

 

これからWindows 10へ移行する方はこちらもご覧ください。

ヤマト運輸B2クラウドで表示されている注意事項です。

しばらくはプリンターの種類に関わらずChromeを使用するのも控えた方が良いようです。

 

コメント