IIJのSA-M0太陽光遠隔監視のアンテナを延長取付

スポンサーリンク

IIJのSA-M0のアンテナを収納箱の外部に取付

スマートメーターからの電波を受信して、発電状況を遠隔監視できるシステムですが、機器に直接アンテナが取り付けられているので、設置しているボックスによっては電波状況が思わしくないので、ケース外にアンテナを取り付けて、電波状況を改善したいと考えていました。

 

ケース外にアンテナを設置する事によって、データーの欠損率も減るという目論見です。

 

アンテナ延長ケーブル購入

 

アマゾンで延長ケーブルを購入

 

 

このSA-M0に上記ケーブルを接続し、ケースにドリルで6.5mmの穴を開けてケーブルを取り付けました。

受信状況の改善

一応、金属製ケースの外に、アンテナを設置しましたので電波状況は改善しました。

 

効果は5から10dbm

 

受信感度と、データーの欠損率とは関係がないようで、依然として1から4%のデータの欠損率が発生します。

 

IIJに質問したところ

当システムとしては、メーター理由でデータが取得できないケースも
考慮しており、毎日深夜に前日分のデータに欠損がないかどうか確認し、
欠損があった場合、メーターに再取得を行うという処理を行っています。

このような回答でした。

直近のデータが欠損しグラフが表示されない場合は、「再検針」を行い再度データを取得してくださいとの事でした。

 

なるほど

まとめ

とりあえず、電波の受信状態がよくなったのでケーブル購入費722円の価値は十分にありました。

結局、データの欠損率はほぼ変りませんでした。

コメント

  1. TARO より:

    こんばんは、TAROです。
    いつも、ブログ拝見させて頂いています。

    わたしの所も、強化アンテナの設置で、利得は、10dbmほど改善しましたが、欠損率は、変わらず発生しています。ただ4%まで行くことはなく、0%〜1%で推移しています。
    電波強度エラーも相変わらず、2日〜10日おきに発生しています。こちらは、自動で復帰するので、あまり気にしていません。

    グラフに欠損がある場合は、再検針ボタンを使って対処しています。7月のメンテで、自動再検針の設定が、30分おきから1日一回に変更されたので、グラフの欠損が多くなりました。

    欠損率の改善をユーザー側で行うのは、中々難しいようですね。
    また参考にさせていただきます。

    • HP管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      データの欠損が頻発して、グラフが歯抜けになるので、パワコンを確認に行く事になり
      監視装置としては問題ありではと思っています。

      欠損のあるデータの再取得は1日一回では少なすぎますね。

      貴重な情報ありがとうございます。