農家がお勧めする除草剤は?散布時期は?

草刈り?除草剤は?いつ散布?

一般的に耕作地で作物に影響のある部分は刈り取りです。農家の私は年中草刈りで大変です。

 

農家の私が、太陽光発電所の除草を行うとしたら秋に草刈りを行い、地表が見えたら雨上がりにカソロン粒剤6.7を散布。そして年間2~3回の散布が一番お勧めです。(必ず雨上がりに散布の事)

散布する場合も、下記のような安価な散布器で簡単に散布できます。

ということで、農地にも散布できる「カソロン粒剤6.7」をお勧めします。

 

なんといっても大掛かりな散布機械や水も不要、エンジントラブルや混合燃料を用意する必要もないので、取っつきやすい。道具の準備とメンテの必要がないのが一番と考えました。

除草剤散布禁止の場所

雨で土砂が崩れたり、表土が流れる恐れがある場所は草刈りで対応です。除草剤を散布すると草の根がなくなり、土が柔らかくなり雨で土が流れたり法面が崩れたりするので絶対に除草剤は散布しません。

 

その他

※粒状の除草剤は土の表面が乾燥している場合は効果が不十分となります。

※非農耕地用除草剤を散布する場合は農耕地に接していない場合にしましょう。

 

コメント