主要サイトのSSL化(対応)しました

スポンサーリンク

WordPressサイトをSSL化

MixHostで運用している当サイトですが、Google様の指導により(検索エンジンなんか気にしない方はSSL化は不用かもです。)早急にSSL化しなければいけません。

昨年の11月にMixHostと契約しサーバーを移転しましたが、その際にSSL証明は発行されていたようです。

レンタルサーバーをMixHostに
サーバー移設の備忘録-1 初心者なのでとりあえず有名なサーバーを選んでWordpressデビュー 今年の春にWordpress初心者なので、トラブル対策としてネット情報のなるべく多いサーバーを借りようということで、このブログのサーバーと...

 

そこで、初心者の私でも無事にSSL化(対応)出来ましたので、その手順を紹介します。

 

最初に解らないのが証明書です。

発行された証明書はどこにあるのか?ですが、MixHostサーバー管理画面のcPanelにログイン

そして

SSL/TLS Stausから見れます。

ドメインの右に鍵マークがあれば検証済みです。

WordPressのアドレスを修正

証明書があるので早速SSL化です。

WordPressへログイン  設定 → 一般 記載してあるURLをhttpsへ変更します。

http→httpsへ修正します。

  • WordPress アドレス (URL)
  • サイトアドレス (URL)

共に上記のとおりに書き換えするだけです。 そして「変更を保存」でOK

注意:ご自分のサイトのURLに 「s」 を追加してください。

.htaccessの編集

サーバーの管理画面からファイルマネージャーから該当のファイルを探して編集します。

.htaccessを選択して編集です。

htaccessファイルを開いて、先頭部分に下記のコードを挿入貼りつけすればOKです。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

注意:必ずバックアップを行ってから編集しましょう。

最後にプラグイン

Really Simple SSLで内部リンクなどを一括変更するために使用するMixHost推奨のプラグインです。

インストールし有効化→セッティング

.htaccessは自分で書き換えたので「編集を中止する」としました。

このプラグインを、停止及び削除すると元の状態に戻るらしいので、注意が必要です。つまりhttpサイトをSSL化した場合は外せないと言う事ですね。

 

一応、各種ブラウザから確認しました。

鍵マークが表示されて「保護された通信」と表示されれば完了です。

注意:一部のウィジェット等はSSL対応してないので、ページ毎にSSL化されているか確認する必要があります。

以上で完了です。

 

メモ:2018/8/3当サイトはSSL化しました。

 

 

コメント