太陽光メンテナンスでケーブル固定

スポンサーリンク

ガルバロックで固定

太陽光パネルのケーブルが、何箇所かブラブラしている箇所や、ケーブルの取り回しが気に入らない部分や、曲げすぎと思われる部分が気になり既存の固定バンドを外して再固定を行いました。

201811/20 5122円

今回は耐久性の高いヘラマンタイトン社の結束バンド「インシュロック」の残りが自宅に1袋有ったので、同一メーカーで太陽光パネルのフレームに固定できる金具「エッジクリップ GLEC5-S」をアマゾンから購入です。

素材は66ナイロンの強化版「11ナイロン」

 

 

結束バンドは結構お高い

私の地域では「タイラップ」と呼ぶ事が多い結束バンドですが、メーカーごとに呼び名が違います。

ヘラマンタイトン社 「インシュロック」

トーマス・アンド・ベッツ社 「タイラップ」

パンドウィット社 「パンタイ」

芝軽粗材株式会社 「コンベックス」

商標は違えど同じ用途の結束バンドですが、海外メーカーは特にお値段が高く、購入するのに躊躇してしまいます。

ちなみに「ガルバロック GL300 100本入」はアマゾンで3780円

 

 

 

コスパが良いのは芝軽粗材株式会社コンベックス耐候性タイプがお勧めです。

芝軽粗材株式会社(配線資材部門/結束バンド/コンベックス/ナチュラルタイプ、屋内用/耐候性Bタイプ、屋内・屋外用)

アマゾン、モノタロウ、ヤフーショッピングで購入できます。

コメント