ソーラーシェアリングに葉ワサビ

スポンサーリンク

太陽光発電設備の下は山葵

太陽光発電設備をソーラーシェアリングにて一時転用を行って設置したわけですが、そろそろ作物を植える時期となりましたが、当発電所で一番長時間影になる部分に葉ワサビを試験的に植えてみました。

ちなみに、葉ワサビですが水場で育てれば根山葵、山林(畑等)で育てれば葉ワサビとして販売されているもので、品種的には全く同じものとなります。当地域でも家庭菜園等で葉ワサビの栽培は盛んですので、せっかく遮光設備があるのだから、葉ワサビを試験的に栽培してみます。葉ワサビといっても根は加工用の山葵の原料となるものです。一般的にチューブ等に入って売られている山葵は山林や畑で栽培された山葵を原料としています。

コメント