太陽光発電所のコルゲート管を保護

コルゲート管の保護について

太陽光発電所の配線を草刈り機の刈刃から守るために、モルタルで巻き付けました。

コルゲート管に亀甲金網を巻き付けて、その間にモルタルを挿入です。

写真の金網は、ストックされた樹脂被覆金網を使用しましたが、これから施工する方はモルタルと相性の良い、メッキ系の網を使用してください。





施工時に、ヒューム管で保護すればいいのですが、施工業者が難色を示したり丁度良いものが入手できなかった場合で、後から保護したい方にはお勧めです。

 

施工に際して

1 モルタルは固めに練る。

2 金網をコルゲート管より大きめに巻き付ける。(金網は10ミリ程度の網目が良い)

3 練ったモルタルを手で網の間に入れ込む。(ゴム手袋使用)

4 金網が錆びない様にモルタルで覆う。(後から左官鏝で増し塗りも可能)

 

 

コメント