確定申告の準備の季節ですがe-Taxカード、リーダーが無くても電子申告が出来るようです

スポンサーリンク

マイナンバーカードは不用になる可能性大!

国税庁では確定申告の電子化を進めていましたが、肝心のマイナンバーカードの普及率があまりにも思わしくないため、来年の1月よりカードなしでも電子申告が可能になります。

 

平成31年1月開始】e-Tax利用の簡便化に向けて準備を進めています。  国税庁では、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの認証連携機能の活用などにより、個人納税者の方のe-Tax利用を簡便化するためのシステム修正を進めており、平成31年1月からご利用いただける予定です。
ID、パスワードで申告するには一度、税務署で対面で作成する必要があるようです。
疑問
以前から使っていた認識番号はつかえるのか?
国税電話相談センターにて確認してみたところ、以前からの認識番号は使えない。
新たに税務署窓口にて、免許証などの身分証明書を提示し、IDパスワードの交付を受ける事。
2018/11/19確認
以前から確認が取れている認識番号に、パスワードの発行と本人確認のみを行えば十分な気がしますが・・。意味不明な番号と、これまでの申告前に届くハガキはなんだったのかと・・・。
今では懐かしい気がする、住基カードで失敗
マイナンバーも失敗(H30.7.1現在:人口に対する交付率11.5%)
国税庁はどちらのシステムも上手に運用できずにID,パスワードに移行ですね~。
大手システムベンダーへいくら支払えばいいのかと、普及の兆しが見えません。(´Д`)ハァ…
どっかの政党のネガキャンの影響もありますけど、老人には全くメリットが無いし、利便性が低すぎましたもんね~。
免許証に組み込めば5年でで50%の普及率は確保できたのにと・・・。
ちなみに、おいらはe-TaxWEBで「書面で提出」で作成しプリントアウトして郵送又は持参です。
マイナンバーカードもリーダーも所有していますが、紙での提出に拘っています。
理由はここには書けません。=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

コメント