2月も地獄でしたが、先日からの春の日差しが嬉しい

東北の冬の発電状況

厳しい冬も過ぎて、春の日差しがまぶしい今日この頃ですが、1~2月の地獄の発電状況を紹介します。

 

3号発電所 PCS:49.5KW パネル約80KW 南向 30度

 

1月

1月合計発電量 3647 kWh

ひどい発電と思われるかもしれませんが、雪が少なく例年よりは大分発電しています。

 

2月

2/7~2/13の7日間で129kWh これはまさに地獄

しかし、これでも例年よりは雪が少なく、自宅前の除雪は殆ど行っていません。

 

2月は破壊的な大雪が降る可能性があるので、注意が必要(どうすることもできないが)ですが、毎月発電量が増えるこれからが楽しみです。

 

コメント

  1. TARO より:

    いつも拝見させて頂いております。
    鬼越では、2月10日と11日に合計で300kWhほど発電しれくれたので、多少地獄感は薄れました。
    といっても今月もローン割れ確実です。春が待ち遠しいですが、こちらは力率85%なので、なるべく晴天が続くように祈るばかりです。
    発電量を公開してもらえると参考になって助かります。

    • HP管理人 より:

      今回はTAROさんが見たいと思われるものを意識して載せました。手抜きの記事ですが何故かアクセス数が普段より多い・・・。なんで??
      農業も太陽光もお天道様に生かされているという事を実感するようになり、豊かな自然に感謝です。

      • TARO より:

        返信ありがとうございます。

        本当のところ、雪国の発電所の実力ってどうなの?という興味がある方が多いのではないかと推察します。

        シュミレーションではロス率を多く見積もることぐらいしかできませんので、現実の情報というのは、非常に貴重なのでありがたいと思います。

        今日の南関東は、ポカポカ陽気で過ごしやすい一日でしたが、これもお天道様の恩恵。おごらず感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいですね。