太陽光と税金

太陽光と税金

太陽光発電を設置した場合の確定申告 工事負担金は繰延資産 15年

太陽光発電の確定申告での工事負担金は繰延資産 太陽光発電を設置する際に電力会社に支払う工事負担金は繰延資産として15年で償却してくださいと、税務署から回答を頂きました。 申告する方は念のためにご自分で税務署の電話相談センターへ相談して再
太陽光と税金

再エネ設備等「緑の贈与」の検討 贈与税免除を検討中

再エネ設備、緑の贈与を考える 再生可能エネルギー設備を設置するために贈与を受けた分を免除するという話ですが、現金で太陽光発電施設を設置するための資金を贈与を受けた場合を想定していると思うわけですが、太陽光などの投資証券も含まれるのは抜け穴
太陽光と税金

再生可能エネルギー「緑の贈与制度」

政府は、子や孫に再生可能エネルギーに関連する設備等の購入費用を贈与した場合、贈与税を免除する制度を新設する方向で検討に入ったようだ。 これまでは住宅資金や教育資金等の贈与税を非課税にする制度等はあったが、再生可能エネルギー関連も贈与税を非
太陽光と税金

太陽光発電の消費税の還付

太陽光発電所を設置した際は消費税の還付を 太陽光発電を消費税非課税事業者が設置した場合、売り上げ1000万円以下の場合は当然非課税事業者ですが税務署に課税事業者選択届出書を提出することによって課税事業者(事前に提出が必要な場合あり。税務署
太陽光と税金

消費税還付と連係時期

太陽光の連係日が月末だと20年後の最後に1か月分損をするという話をどちらかのブログで見たような気がしますが、消費税還付の場合だと冬至のいまどきの売電額が少ない時期のため、消費税還付には絶好の条件の連係日となります。 明日の連携のため、今年
太陽光と税金

太陽光の工事負担金 確定申告の際は繰延資産にて15年

電力会社へ支払う工事負担金 そろそろ年末の為、確定申告の領収書や資料をまとめていましたが、疑問点があり税務署に確認したところ太陽光発電設備設置の際に支払う工事負担金につてですが繰延資産として15年で償却してくださいとの事でした。 太