ヤマト運輸B2クラウドで伝票を印刷出来ない場合の対処方法

スポンサーリンク

ヤマト運輸のB2クラウドに強制移行

宅配便のラベルを印刷するためにヤマト運輸のB2ver7を使用していましたが、平成30年10月31日で終了予定のようです。

 

B2ver6,B2ver7共に終了し「送り状発行システムB2クラウド」へ強制移行です。

 

マニュアルにしたがってデータベースを移行しましたが、レーザープリンター用の伝票がA4版となりまして、従来のA5の用紙が使えません。そのため1枚だけ印刷する場合は下半分は捨てることになります。

 

ラベル用紙はヤマト運輸から無料でもらえるので半分が無駄となりますが、気分的にはもったいない気がします。

それよりも、我が家のNECの複合プリンターで印刷出来ませんでした。

インクが定着しない様子

 

NEC MultiWriter5650Fでの設定

従来のA5(品番320)の伝票へ印刷する場合はプリンターでの用紙設定を「コート紙」で印刷。

さらにプリンターの設定管理ツールで定着温度設定を各用紙ごとに+3へ変更して使用していました。

 

NECのレーザープリンターでヤマト運輸のB2を試してみた-2
NECのレーザープリンターでヤマト運輸の伝票印刷に挑戦 サポートセンターからNEC MultiWriter PR-L5650F(カラー、スキャナー、FAX)の交換品が先日届き、その翌日にヤマト運輸のB2のテスト印刷を行った。 LAN...

B2クラウドではレーザープリンター用A4マルチ伝票(品番322)を使用しますが、従来の設定ではインクが定着せずに全く印刷できません。(標準設定の場合)

 

ヤマト運輸のサポートセンターへ連絡して色々と試しましたが、全くだめでしたが、ヤマト運輸の関連会社の方が出張サポートでプリンターの状態を確認してくれました。

 

試行錯誤の結果なんとか印刷出来るようになりました。

 

で、その設定とは

ブラウザをIEに切り替えて印刷すること??でした。えっ!!

 

Google Chrome も駄目でした。

Mozilla Firefoxも当然だめ。

Internet Explorerだと綺麗に印刷されます。

 

いったいなぜ

印刷時の用紙設定がInternet Explorerの時だけプリンターへ指示されるようで、用紙が「厚紙」となっていました。

 

これでヤマト運輸の方は出張サポート終了です。

 

ヤマト運輸のサポートが帰ってから、Mozilla Firefoxでプリンターの用紙設定で「厚紙」を設定すると普通に印刷されます。チョットだけ定着温度不足(印刷部分を擦るとインクが剥がれる)のようなので、プリンターの設定管理ツールで定着温度を+3に修正しましたらバッチリ解決しました。

 

従来の用紙での対策方法が基準となっていた為に、全ての用紙設定を試さなかったことが悔やまれます。(簡単に印刷出来ない用紙を提供するほうもなんだかなー

 

ヤマト運輸B2クラウドで伝票印刷設定のまとめ

NECのレーザープリンターで上手に印刷出来無い方は、用紙を厚紙にして定着温度を+補正してみましょう。

メーカーによっては用紙設定をラベル、コート紙なども試してみてください。

サポートから聞いた話だとエプソンのプリンターは印刷出来ないというクレームが少ないようです。

キャノン、NEC、ブラザーなどは同様のトラブルや給紙ミスが発生している様なので、新たにヤマト運輸の伝票印刷専用プリンターを購入の方はエプソンがお勧めです。

 

※機種によっては印刷出来ない場合もあるかも知れませんので、自己責任でお願いします。

ヤマト運輸へのお願い

ヤマト運輸では各社のプリンターで対応可能かどうかを発表してくれれば、新規に購入するプリンターの参考になると思いますが、全く教えてはくれません。

ヤマト運輸の伝票印刷の為だけにプリンターを購入し対応不可だった場合のショックは大きいと思うので、ぜひ各メーカーの適合プリンターリストを作成してください。

 

 

コメント