新制度への移行手続完了前の事業計画の変更認定申請及び変更届出について

新制度への移行手続完了前の事業計画の変更認定申請及び変更届出について

みなし認定が遅れているので50kW 未満の太陽光以外の電源の変更認定申請及び変
更届出については以下運用を行うことといたします。なお、50kW 未満の太陽光
発電設備に関しては、後日お知らせいたします。

個人法人で太陽光を一生懸命設置している方々(50KW未満)については後日お知らせすると言う事のようです。しばらく待ちましょう。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/

新制度への移行手続完了前の事業計画の変更認定申請及び変更届出について
改正FIT法における事業計画の変更認定申請及び変更届出について、旧制
度において認定を取得した事業者は、新制度への移行手続(以下、「みなし認定
手続」)完了後に行っていただくよう現在ご案内しております。しかしながら、
みなし認定にかかる審査期間が2ヶ月以上かかっており、みなし認定手続が終
わらないために、事業者が当該申請及び届出を行いたくてもできないという事
態が発生しております。他方、7月6日にパブリックコメントが開始された「電
気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の
一部を改正する省令案」の中で、これまで届出で変更が可能だった事項につい
て、施行以降は変更認定が必要となる事項があり、当該省令の施行より前に、
変更届出を行いたい旨のご要望をいただいています。つきましては、事業計画
の変更を迅速に行うため、50kW 未満の太陽光以外の電源の変更認定申請及び変
更届出については以下運用を行うことといたします。なお、50kW 未満の太陽光
発電設備に関しては、後日お知らせいたします。
1.みなし認定事業者の、事業計画の変更に係る変更認定申請及び変更届出に
ついては、みなし認定手続の完了より前に、各地方経済産業局へ提出するこ
とができることといたします。ただし、みなし認定手続としての事業計画の
提出をしていない事業者に関しては、当該申請及び届出をすることはできま
せん。当該申請及び届出の処理の迅速化を図るため、みなし認定手続きとし
て事業計画をすでに提出している事業者は、再生可能エネルギー発電事業計
画書【みなし認定用】(以下、「事業計画書」)の写し(WEB での手続をしてい
る場合、申請情報参照画面の写し)を、当該申請及び届出に添付して下さい。
すでに事業計画書を提出済みで、お手元に控えがない場合は、その旨と当該
事業計画書を提出した日を文書(様式は問わない)に記入し、添付してくだ
さい。なお、上述した省令により、省令の施行以降に変更届出から変更認定
申請への変わる事項については、施行日の前日の開庁時間中に到達したもの
までを、変更届出として受け付けます(変更届出の受理日はみなし認定手続
きの後になりますが、到達日が当該改正省令の施行日より前であれば、届出
として扱います)。

先日も今回も新情報?

毎日、JPEAのサイトを確認してくださいということらしい。

なんてこった ○| ̄|_

本当に混乱していやがる。

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク