モノタロウでエンジンオイルを購入

農業関係から太陽光、車の消耗品まで色々なものが揃っているので、モノタロウからは年間を通してかなりの物を購入していますが、やはり失敗したものや正規純正品を購入すればよかったということがあったりします。その中で今回はお勧めのものを紹介します。

モノタロウの消耗品はいいかも

普段購入するものとしてお勧めできるのがエンジンオイルです。今回購入したものはSM/CF-10W-30高級合成潤滑油(グループ3)との事ですが、ベースオイルが鉱物油のグループ2をより高度な処理法方、水素化分解してグレードを上げたグループ3オイルではないかと考えています。(推測です。)

オイルの品質表示は消費者にはわかりにくい

主に安いオイルの高級合成潤滑油(グループ3)は混乱する表示をしているものが多いようですが、農機具や汎用エンジンには丁度いい感じでしょう。(むしろ十分すぎるぐらい)

トラクターから除雪機、その他のエンジンポンプ等があるので、それらのエンジンオイルを交換するために年間40L程度は使用します。実店舗で購入するにしても、20Lですと重いので最近はモノタロウで注文して自宅まで配送してもらって楽チンです。

若い頃は、エンジンオイルにも拘りCastrol(カストロール)、MOTUL(モチュール)、BP(ビーピー) などのオイルを購入していましたが、もう何でもいいです。

今現在は、バイクから除雪機、トラクター、フォークリフトまでこのオイル一種類を使っていますが特に問題もなく、使えています。

整備士からの一言でオイルのこだわりが無くなった

こだわりが無くなった理由として面倒になった事もありますが、車の車検をお願いする整備工場の方の一言でこだわりを捨てました。

「劣化したオイルと新品のそれなりのオイルでどちらがいいか?」

レース仕様の車やバイクのオイルなら高級オイルを使うのも判りますが、その辺を走る自動二輪(トライアル系)ぐらいなら新しいオイルがいいに決まっていると思います。トラクターは毎年オイル交換ですが、汎用エンジンのオイル交換をしないで寿命が尽きてしまう場合もあると思いますので、とにかく新しいオイルを入れてあげる事に専念しようと決意しました。

「決意するような重い話なのか??」

 ネタがないだけじゃないのか??オイル記事は必要なのか?等も問題です。

モノタロウの安いオイルでグレードはトップクラス(SM)で良いじゃないか!

という結論に至りました。(ちなみにトップ規格はSNです。)

オイルは大手資本が作っている

オイルを製造できるプラントを所有している企業は限られるので、高級ブランドのオイルも安いオイル(メーカーは拘る)も同じものを使って、後は添加剤に何を入れているのかぐらいしか違いがないと聞いたこともあります。

オイルに関して詳しい情報をお持ちの方は教えてください。

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク