セルフメディケーション税制と従来の医療費控除

今年も確定申告の季節がやってきましたが、来年の確定申告のための準備もしなくてはいけません。
2017年の税制改革で、医療費控除の特例としてセルフメディケーション税制が始まります。増え続ける医療費を抑制するためにとられた対策のようですが、一般の納税者はこれからどうすればいいのかを簡単に紹介します。
セルフメディケーション税制でドラックストアで購入する市販薬のうちセルフメディケーション税制の対象薬を購入した場合に年間1万2千円を超えるスイッチOTC医薬品(対象の市販薬)を購入すると、超えた分は所得から控除しますよということになりました。
これまでは医療費として支払った病院の領収書や市販薬の購入額が10万円か所得の5%を超える部分しか対照にならなかったのが、対象薬をの対象品を購入した場合に限り1万2千から控除されることになります。この場合の上限は8万8千円となります。
あくまでも、対象薬のみ足切のハードルが低くなったと言う事のようです。

そして、このセルフメディケーション税制を選択した場合は従来の医療費控除は受けられないというのが曲者です。とりあえす対象薬を購入した場合は領収書を分けて保存して年間の支払額で有利な方を選択ということになりますので、ドラックストアで薬を購入の際は対象薬か、対象外の薬なのかを分けながらレシートを保存しましょう。
さらに厄介なのが、現在売られているセルフメディケーション税制対象薬とパッケージに表示されていないので、レシート等で確認する必要があります。私の最寄のドラックストアではレシートに対象薬であるの特定の印が印字されるようになっていますので、市販薬を購入する際は注意して購入しましょう。

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク