草刈機のプラグ清掃

草刈機を使用する際にエンジンが掛からない場合、プラグが汚れている場合があります。(プラグがカブル等の場合も含めてですが)
一番手っ取り早いのがプラグを交換することですが、毎回交換するのも大変ですし(カブッた場合)プラグ自体が劣化しているわけではありませんので、掃除をすることでプラグのスパークが通常の状態に戻るので掃除を下記の手順で行いましょう。

1 エンジンからプラグを外して汚れているかを確認する。
2 汚れている場合はワイヤーブラシで擦って掃除。
3 仕上げにパーツクリーナーでプラグの隙間に吹き付ける。
4 そのままだと濡れているのでライターであぶって火をつける。
(パーツクリーナは揮発性が高いので手に付いた際は十分に注意して火をつけましょう。)
5 プラグコードにプラグを装着してエンジンの金属部分に押し当てて、リコイルスターターを引きプラグのスパークの状態を確認する。
6 問題なければプラグをエンジンに装着して、再度エンジン始動してみる。
※下記の写真は草刈機のプラグではありません。
汚れている場合

ワイヤーブラシで清掃

仕上げにパーツクリーナー

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク