スマートメーターへの交換

スポンサーリンク

自宅の電力用メーターをスマートメーターへ交換しました。交換時間約30分程度でしょうか。
ちなみに、三菱製のメーターでした。

工事自体は問題ありませんでしたが、既存の売電用メーター(円盤型)の取り外しは、今回の工事では行ってくれません。何故かというと、売電用メーターの所有者は施主のものだからだそうです。たしかに、設置するときにそんなような話を聞いた気がしますが、ちょっと理不尽な対応です。新しくスマートメーターに交換(元々の買電用メーター)後、メーターケースに入れて封印するため売電用メーターを撤去する場合は、再度スマートメーターも取り外す工事が必要なので二度手間になります。(封印も専門業者?)
今回の工事で、スマートメーターのみを経由して接続して、売電用メーターへの配線も取り払うものと勝手に思っていたので、ちょっと面白くない展開でした。
スマートメーターとアナログの円盤型メータで誤差がどのぐらいあるか検証して、まったく必要が無くなったら取り外しの工事依頼を行いたいと思います。(外すなら冬のほうが発電量が少ないので少し・・儲かる・・。)

コメント

  1. 七転び より:

    スマートメータが付いたのに売電計器がそのままなんて面白くないですね。
    でも、東北電力は、発電事業者が検定満了前に費用負担して新たな売電計器に交換を電気工事店に依頼して交換してもらわないと、FIT期間前であってもメーター検定終了につき買取してもらえなくなりますが、スマートメータの導入によりその工事手配がいらなくなったのがメリットですね。
    東京電力や中部電力は、売電計器も電力会社の持ち物なので、撤去してくれます。但し、メーターboxは施主のものなのでboxだけ残って中は短絡されているという間抜け状態になりますが。(ケーブルが入っているので取ることもできず)
    なんで同じFIT制度なのに10電力会社の対応がまちまちなのか不思議です。

  2. HP管理人 より:

    撤去にお金が掛かるのは売電している以上仕方がないので、メーターの誤差を確認してレポートします。一日分だとほんとに正確ですね。