スポンサーリンク

除草剤の散布方法

太陽光施設の管理で除草剤を散布を行う場合にジョーロで散布している方が多く見られますが、ラウンドアップ等の除草剤(グリホサート系)の場合は土に触れると分解しますので、雑草の葉に付いた分しか有効にはなりません。よってジョーロで散布するのは、コストや効率、労力はまったく気にしない方にお勧めです。
メーカーはジョーロで散布する場合は除草剤の消費が早いので推奨しているかも知れませんが、ジョーロを使用する場合は9割以上は土に落ちてロスしてしまいます。
特許切れのグリホサート系除草剤は有害物質も多く含まれているものもあるという噂もあるのでなるべく少量を散布するために、噴霧器で雑草の葉のみに散布しましょう。
効率、労力、お金も節約できます。大手メーカーの日産化学 ラウンドアップマックスロードを使用するならば簡易散布機でも一度の使用で元が取れると思いますのでぜひ購入をお勧めします。
グリホサート系除草剤は葉に軽く噴霧するだけで十分効果があるので、流れ落ちるほど散布する必要はありません。

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク