岩手県軽米町の太陽光発電 ファーストソーラーの計画は大幅縮小

岩手日報によると当初の最大出力50万6千キロワットから約65%減の17万9千キロワットに変更したとのことです。
米国 ファーストソーラー傘下のブルーエナジーパートナーズ
規模 50万6千kw 506MW 15万世帯分
1500億円
そうすると
規模 17万9千kw 179MW 5万世帯分
500億円
計画変更してもかなりの大きさですが、ユーラス六ヶ所ソーラーパークよりも大きい東北有数のメガソーラーには変わりはありませんね。
でも、電力との協議が済んでいない状況で当初計画を発表したのか・・。東北電力の容量が足りないようなので高圧線をなんとかしないと無理かもしれませんね。

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク