太陽光の基礎 既製フェンス用ブロックを利用

DIY太陽光ですが、ベースコンクリートを打設した上に既製品のフェンス用基礎ブロック(250*250*450)を利用しました。ベースにフェンス基礎ブロックを載せて周囲を10センチの厚さで生コンを打設してベースコンクリートと一体化する予定です。
既製品のフェンス用基礎ブロックの精度が悪いので垂直の直しを行いました。ベースの上にホームセンターからモルコン(砂とセメントを混ぜたもの(600円ぐらい))をブロック下に挟み込むような格好で垂直に建てなおします。事前に既製品ブロックとベース基礎は散水しておきます。
水平器と定規で高さ、垂直を整えながらモルコンで整えていきます。ベースと既製品ブロックに十分な水分を与えておくことでモルコンには加水することなく高さ調整を行うことが出来ます。(水分が足りない場合には均した後に散水しました。)
精度の悪いブロックを綺麗に建てる事ができました。

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク