ソーラーシェアリング ミョウガの定植

ソーラーシェアリングでの栽培予定作物のミョウガを定植しました。
Ⅰ、事前に小型トラクター(管理機)にて起耕(無施肥)
Ⅱ、自宅の北側に群生している茗荷を掘起す。
Ⅲ、根の乾燥に注意しながら10cm間隔程度で定植する。
Ⅳ、覆土は5センチ~8センチぐらいとなった。(細かいことは気にしない。)
※苗は一輪車4台程度使用した。(概略計算 450本×4畝=1800本程度+α)
※マニュアル等では芽が動き出す前に植えつける事とあるが、昨年に10センチ程度の茗荷を定植試験をしたところ生育に問題がないため、あえて芽を確認してから定植してみた。

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『ソーラーシェアリング ミョウガの定植』へのコメント

  1. 名前:zuraike0315 投稿日:2015/05/12(火) 14:45:46 ID:1d6de9456 返信

    別ブログにだいぶ前に書き込ませていただきましたが、色々とありましてほったらかしにしておりました。時間が取れるようになりましたので、質問をさせていただきたいのですが、連絡をいただけないでしょうか。