岩手県軽米町は大規模発電地帯?メガソーラー地帯への変貌

岩手県北部のメガソーラー建設は、ついに日本最大級規模の建設計画が発表されました。
発電所のまとめ
太陽光発電
米国 ファーストソーラー傘下のブルーエナジーパートナーズ
規模 50万6千kw 506MW 15万世帯分
1500億円
中国系企業 東京都 スカイ・ソーラー・ジャパン
規模 2千kw 2MW×2ヶ所

企業不明
規模 125MW 3.6万世帯分
バイオマス発電
岩手県 二戸市 十文字チキンカンパニー
規模 6千250kw 6.25MW 送電規模 4千800kw
投資規模 60億円
気になるのはこれから東北電力と協議して負担金がいくらになるのかと、抑制が当地域に影響がない事を願います。
ちなみに岩手県の県庁所在地「盛岡市」の世帯数約13万世帯です。
周辺環境への影響や豪雨時の排水計画が気になります。

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク