0円住宅を本気で考える

イシンホーム住宅研究会での「ローン0円住宅」を本気で検討してみました。
現状の条件
立地、現状の住宅 かなり田舎(家の周りには既存建物を取り壊せば住宅を建てるスペースはある。)
自宅 築40年以上 4年前ぐらいに屋根と外壁をリフォーム
(内部も一部リフォーム済み)
現状の太陽光   40円×税 10kwh 20年 2012年12月設置
増設予定     現状+11.5kwのパネル確保(購入済み)
増設の借金    中古パネルのため無借金で施工可能
問題点      ・既存の太陽光は余剰のため増設した場合電力に支払う
基本料金が大幅に増える (年額10万程度)
・すぐに増設しても残り17年程度しか売電できないかもしれない。
・電圧抑制が多少ある。(年間1~2%程度と思われる)
・脱サラしたため銀行の信用がない。

メリット     快適な生活を送ることが出来る。
+10kw程度の増設にして年収を増やすか、低圧限界まで増設して家を新築するかで検討しています。
それとも低圧限界まで増設して収入を増やしてから自宅を更にリフォームするか? うーん
2015年1月中ぐらいまでに結論をだして変更の設備認定を取得しなければ・・。

ブログランキング
太陽光関連の情報満載です。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
amazon
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク